2008年01月28日

[マクドナルド訴訟]店長は非管理職 東京地裁が残業代認定

[マクドナルド訴訟]店長は非管理職 東京地裁が残業代認定

ハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」の店長が、管理職扱い
されて時間外手当を支払われないのは違法として、同社に未払い残
業代や慰謝料など計約1350万円の支払いを求めた訴訟で、東京
地裁は28日、約755万円の支払いを命じた。斎藤巌裁判官は
「職務の権限や待遇から見て、店長は管理監督者に当たらない」と
述べた。
livedoorニュース

労働基準法は時間外勤務に対する割り増し賃金の支払いを規定して
いるが、「管理監督者」は適用外になるため、今回の争点は、店長
が管理監督者に当たるのかどうかというところでした。
判決は管理監督者を「経営者と一体的立場で労働時間の枠を超えて
もやむを得ない重要な権限を持ち、賃金が優遇されている者」と判
断。同社店長について、店舗責任者としてアルバイトの採用や会社
のマニュアルに基づく運営など店舗内の権限を持つにとどまり、経
営者と一体的立場とは言えないと認定しました。
日本マクドナルドは控訴する考えでいるようですが、同社の店長は
約1715人ということですから、この判決は、かなり影響を与え
そうですね。マクドナルドだけでなく、様々な業界に波紋を広げそ
うです。今後も、この裁判の行方に注目です。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 20:10| ニュース