2008年02月21日

野島崎沖のイージス艦事故

[イージス艦事故]衝突の12分前、清徳丸の灯火を視認

千葉・野島崎沖で起きた海上自衛隊のイージス艦「あたご」とマグ
ロはえ縄漁船「清徳丸」の衝突事故で、あたごの見張り員が衝突の
12分前に清徳丸の灯火を目視で確認していたとみられることが2
0日、防衛省の調べで分かった。あたごが操舵(そうだ)を手動に
切り替え、後進で回避行動をしたのはその11分後だった。あたご
は、清徳丸を確認しながら10ノット(時速約18.5キロ)で約
3300メートルを自動操舵で航行したことになる。 
また、同艦は午前4時前後に艦橋の当直10人が順次交代しており、
引き継ぎなどで見張りが手薄になっていた可能性が新たに浮上した。
横須賀海上保安部などは、最初に見張り員が確認後の両船の位置関
係や航行状況などを調べている。
livedoorニュース

防衛省は、これまで衝突2分前の午前4時5分に初めて灯火に気付
いたが、船かどうか不明だったと説明していました。しかし、これ
よりも10分早く同じ見張り員がいったんは視認していたというこ
とが新たに分かりました。清徳丸の灯火を目視してから衝突までの
12分間、あたごではどのようなことが行なわれていたのでしょう
か?午前4時前後に行なわれる交代が重要視されているようです。
テレビの報道によると、交代の時間が近づくと、それまで張り詰め
ていた気持ちが緩むため、引き継ぎが正確になされなかったのでは
ないかという疑いもあるようです。
漁船に乗っていた吉清さん親子は未だ発見されていません。冷たい
海に漂っているであろう吉清さんらを一刻も早く救助してあげてほ
しいと思います。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 19:00| ニュース