2008年02月26日

アスコム倒産

アスコム倒産騒動 止まらない深刻な出版不況

都内の出版社「アスコム」の倒産騒動が起こっている。最近出版社
の倒産が続いており、アスコムが倒産していても驚くことではなく
なっている。
都内の出版社「アスコム」の倒産騒動が起こっている。社員は20日
付で解雇され、2月21日から事務所は閉鎖されている。アスコムは
株式会社アスキーの一般書籍部門アスキー・コミュニケーションズ
として設立され、田原総一朗氏、松山千春ら有名人の関連書籍を多
数発行し、NHKの人気番組「ためしてガッテン」などの定期刊行物
などでも知られていた。
livedoorニュース

ここ1年を見るだけでも、男性向け雑誌、特にグラビア誌の発行元
として知られていた英知出版が2007年3月に自己破産、続いて同年1
1月に「超図解」シリーズなどPC入門書の草分け的な存在エクスメ
ディアも自己破産しました。また今年に入っても1月に徳大寺有恒
の『間違いだらけのクルマ選び』シリーズなどで知られる草思社が
破綻しています。こうした出版業界倒産の背景には、売上高確保の
ために出版点数は増加しているが、返品率が高いという悪循環に陥
っているほか、少額の印税にあきれて執筆を放棄し、投資などで収
入を確保しようとする作家もあらわれていることなどがあるようで
す。この件についてNHKは、「アスコムさんが出版しているのは、
語学番組のテキストのようなNHKが直接管理責任を負っているよう
なものではなくて、NHKが番組素材の使用を許諾するなどして協力
している『関連本』です」と話し、視聴者にとって深刻な不利益は
起こらない、との見方を示しましたが、まだ民事再生法の申請など
は行っておらず、事実上「夜逃げ」のような状態には「アスコムさ
んの破産管財人が専任されるなどすれば、NHKとしては、そちらと
交渉することになります。ですが、今は連絡がつかないので、いか
んともしがたい状態です」とも話し、困惑気味のようです。
活字離れが広がりを見せているうえ、インターネットで手軽に情報
を得ることができるとあっては、出版業界にはまだまだ逆風が吹
き荒れるのでしょうか?

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 17:32| ニュース