2008年02月29日

またまた冤罪が…

強盗容疑の誤認逮捕で国・県に賠償命令…宇都宮地裁

宇都宮市で起きた2件の強盗事件で誤認逮捕され、無罪判決を受け
た 冤罪 ( えんざい ) 被害者の同市の無職男性(56)が、違法
な逮捕と捜査で精神的苦痛を受けたとして国と県を相手取り慰謝料
500万円を求めた国家賠償訴訟の判決が28日、宇都宮地裁であ
った。福島節男裁判長は、「警察官は男性を誘導し、虚偽の自白調
書を作成した」として国と県に計100万円の支払いを命じた。
訴えなどによると、男性は2004年に洋菓子店とスーパーで起き
た事件で宇都宮東署に強盗容疑で逮捕され、宇都宮地検に起訴され
た。しかし、公判中に別の男が犯行を認めたため、検察は男性の無
罪を論告し、宇都宮地裁も05年、無罪判決を言い渡し、確定した。
gooニュース

この男性は重度の知的障害者で、この男性は本人尋問で「(取調官
に)無理やり手を添えられて書かされた」などと証言として指摘し
たのに対し、驚くことに、被告側は、「差別意識は全くない。男性
は記憶に基づきそれなりの説明ができ、是非善悪の判断能力も有し
ている。尋問事項を十分理解した上で自分なりに答えていた」「取
り調べが違法な誘導に当たらないことは明白。犯行現場や被害品の
投棄場所も男性が案内した。供述内容は取調官に迎合した結果であ
ることは間違いない」と真っ向から反論。「通常行われるべき捜査
は尽くされていた。証拠品の未発見を理由に違法があったとはでき
ない」と反論していました。
無実の男性がどうやって犯行現場を案内するというのでしょうか?
この反論には大変驚きました。
この男性は、ほとんどが起訴猶予処分になっている自転車泥棒など
約20件の前科があり、女子中学生二人の首を絞めた暴行罪では
「重度の知的障害者で心神耗弱だった」と罰金二十万円が言い渡さ
れています。このようなことから知的障害者への偏見に基づく違法
捜査がなされてしまったのでしょうか?
それから、誤認逮捕は人権が侵害されるので、当然賠償金は貰える
だろうと思っていたのですが、誤認逮捕は、逮捕の時点では有罪か
否かをこれから判断する状態であり、現行刑事裁判制度においては
逮捕制度に内包された、当然におこりうる状態とされています。そ
のため、原則として違法行為ではないのです。しかし、明らかに捜
査機関が努力を怠ったりするなどして、無実であることが明らかで
あるのに敢えて逮捕を行った場合には国家賠償法上違法とされる余
地があるようで、今回の場合はこれに当たるのでしょうか?誤認逮
捕の問題は難しいですね。
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 00:26| ニュース