2008年03月17日

マクドナルドのコーヒー戦略

コーヒー店戦争に火をつけたマック低価格路線の勝算

2008年2月15日、マクドナルドは100円で提供していたオリジナルの
ブレンドコーヒーをリニューアル。「プレミアムローストコーヒー
」として全国展開を開始した。
このプレミアムローストコーヒーが巷で大人気だ。価格はSサイズ
で100円、Mサイズで190円と低価格ながらも、コーヒー豆には高級
品種のアラビカ種のみを使用。また、全店に新規開発したコーヒー
マシンを導入。全国のマクドナルドで同じ味のコーヒーが愉しめる
ようになった。リニューアルに際して、カップのデザインが変更さ
れたが、それだけではなくカップのふたの部分も改良されている。
飲み口を開閉式にし、下唇があたる部分に凹凸をつけている。これ
により、飲んでいるときにコーヒーが飲み口から垂れてしまうこと
を防止しているのだ。ほんの些細なことだが、細かい心遣いにも「
プレミアム」な印象を受ける。
日本に先駆けて発売したアメリカでは、コーヒー専門ショップのス
ターバックスが全米のほぼ全店を一時閉鎖し研修を開くといった事
態に発展。このプレミアムローストコーヒーに対して、かなりの危
機感を抱いているようだ。因みに、日本ではこのような事態にはな
っていない。
livedoorニュース

私もマクドナルドのコーヒーが美味しくなったと聞いて「プレミア
ムローストコーヒー」と飲んでみましたが、やはり、スターバック
スなどのコーヒー専門店のものにはかなわないという印象を受けま
した。しかし、店の多さではマクドナルドが圧勝です。あいにく、
私の家や会社の周辺にはコーヒー専門店がありません。友達とお茶
する時や、軽く仕事の打ち合わせをする時にはコーヒー専門店を利
用しますが、朝コーヒーを飲みたい時や、昼食後にちょっとコーヒ
ーを飲みたい時、仕事で外出して一息つきたいけどあまり時間がな
い時には「マックのコーヒーで我慢しよう」と思えるレベルになっ
たことは事実です。マクドナルドは駅などの至るところにショップ
展開をし、かつ100円という低価格さから「気軽に飲める本格的な
コーヒー」という戦略でコーヒー専門店を愛好するビジネスマン層
のシェアを呼び戻そうとしたのでしょうか?もし、そういう企みが
あったのであれば、コーヒー1杯で30分フリーに使えるネット環境
の提供などもサービスに取り入れると鬼に金棒だと思いました。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 16:19| ニュース