2008年03月28日

ガン発生率の高い職業「美容師」

「美容師のガン発生率は他の人より高い」WHOが指摘

世界保健機構(WHO)国際ガン研究機関(IARC)は先ごろ、「美容師は
ほかの人たちと比べ、ガンにかかるリスクが高い」とする研究報告
を発表した。彼らは仕事で、染料や発ガン性物質を含む化学物質に
頻繁に接しているからだ。
IARCはホームページ上で、関連する研究報告を発表している。AFP
は26日、この報告を引用し、「美容師は日常業務の中で発ガン性物
質に接する機会が多い」と報じている。
livedoorニュース

IARCの研究者は、ガン発生率に関する複数の研究結果を検証後、男
性美容師は膀胱ガンの発生率がほかの人に比べ20-60%高く、女性美
容師では卵巣ガンやリンパ腫の発生率がほかの人よりも高いことを
発見したそうです。また、美容師の肺ガン発生率もほかの人に比べ
30%高いとされているが、これは美容師にタバコを吸う人が多いこ
とと関係があるのではないかと考えられているようで、こうした研
究を否定する論文もあるようですが、「美容師は日常業務の中で発
ガン性物質に接する機会が多い」ことは確かなのでしょう。
美容師って大変な職業ですよね。私の知人にも、シャンプーなどに
よる手荒れがひどく、美容師になることを断念した人がいます。さ
らに、最新技術を常に勉強する必要があるため、お店が閉まってか
らも深夜まで練習をすることもよくあるそうで、その割には給料が
安く、本当に好きでないと続けることのできない仕事だと思います。
人気が出て、テレビや雑誌に引っ張りだこのバリバリ稼いでいる美
容師さんって本当に一握りではないでしょうか?辞めていく人が多
い業界だと言われるのも、厳しい労働条件に耐えながら修行するし
かない淘汰の世界だからでしょうね。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 14:34| ニュース