2008年04月24日

御堂筋パレード2008はどうなるのか?

御堂筋パレードの規模縮小 “金策”進まず、断念の恐れも

橋下氏は大阪府知事に就任してから、毎年秋に大阪市内で開かれる
「御堂筋パレード」の打ち切りを府幹部に求めていました。現行の
パレード形式のままでは、主催する財団法人「大阪21世紀協会」
への府の負担金1億2600万円を新年度予算案に計上しない方針
を表明。歩行者天国に衣替えするアイデアを代替案として示してお
り、府と大阪市、財界が事業費を負担して1983年から続いてき
たパレードは存続が困難になっていると報じられていました。橋下
知事は、御堂筋パレードについて「人気が低迷するイベントに予算
を出す余裕はない」「参加している人が楽しんでいるだけ」と述べ
ており、府民もこの意見を指示する声が多いように思います。私も
一大阪府民として、まさにその通りだと思います。パレードは、阪
神優勝の祝賀パレードだけで十分です。祝賀パレードだけは楽しめ
ますが、御堂筋パレードは、橋下知事の言う通り、イベントに出場
してる人達や、また出場している子供の保護者らが楽しんでいるだ
けに過ぎないと思います。これだけ橋下知事が大阪府の財政難を何
とかしようと日々頑張っているのですから、一部の人だけが楽しん
でいるようなものはどんどん削っていくべきだと思います。同財団
の事業費は、府と大阪市、財界が負担し、パレード費用などに充て
られています。このうち府と大阪市は06年度まで、それぞれ年約
2億5000万円を支出していたが、厳しい財政状況を踏まえ、今
年度は約2億2000万円に減額。新年度はさらに圧縮する方針を
決めていました。本当にもったいないですよね。太田房江前知事も
大幅削減の検討を指示した経緯もあり、府知事が2代に渡って必要
ないと判断しているのだからいらないでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の“秋の風物詩”として定着している「御堂筋パレード」を開
催する財団法人「大阪21世紀協会」が、今年度のパレードについ
て、これまで参加してきた団体に「従前の規模ではできない」と伝
えたことが24日、分かった。資金のめどが立たず、十分な準備期
間が確保できないことが主な理由。協会ではパレードの規模を縮小
するなどして存続させる方法を模索しているが、最悪の場合「開催
の断念もある」としている。 協会は関係各方面と調整した上で、
今年のパレードの取り扱いを近く最終決定する。
【Yahoo!ニュース】
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 20:49| ニュース