2008年04月25日

野村證券インサイダー取引事件【動画】

<インサイダー>顧客の「野村離れ」拡大 牙城狙う他社も 

野村証券の牙城を切り崩すチャンスとみている社は少なくないよう
で、「野村証券離れ」の拡大に乗じるかのように、野村証券のライ
バル会社も水面下で野村証券の顧客企業に接触を始めたようです。
野村証券の人材の層の厚さ、情報網、実績は国内では圧倒的です。
また、国内上場企業約4000社の6割で証券業務等を取り仕切る
幹事や副幹事を務める等、盤石な法人の顧客基盤を築いています。
しかし、信用が最も重要なM&Aを取り扱う部署が不正取引の舞台
となったことで、顧客離れは防げたとしても、信頼回復にはかなり
の時間を要するでしょうね。今回の事件が起こってしまった一番の
要因は「人事ミス」ではないかといわれています。特に「企業情報
部という重要なポストに中国人を配属するからだ」という意見が非
常に多いのですが、私は、それ以前の問題があったと思っています。
似e疑者は、2002年に京都大学卒業後、他企業勤務を経て、2006年
2月に野村証券に入社しました。そして、すぐに「企業情報部」へ
配属されていたということに驚いています。このような信用第一な
部署には、通常何年間か勤続した後に業務に対する姿勢などを考慮
して「この人ならば」という、条件が揃っている人材を配属させる
のが一般的だと思っていました。
何れにせよ、今後、野村証券がどのような再発防止策を講じるかに
業界全体が注目を寄せていることでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インサイダー取引事件で元社員が逮捕された野村証券の顧客離れが
広がってきた。野村に株式や債券の売買を委託している機関投資家
や投資信託会社で、発注を見合わせる企業が相次いでいる。国内で
トップシェアを誇るM&A(企業の合併・買収)の助言業務も、「
顧客の信頼を少なからず失った」(渡部賢一社長)ことで、影響は
避けられそうにない。「野村の牙城を崩すチャンス」とみて、積極
的な営業に乗り出すライバル社も出てきた。事件を受け、企業年金
連合会が22日から株式や債券の売買発注などの取引を一時停止。
大和証券投資信託委託や三井住友アセットマネジメント、トヨタア
セットマネジメントなどの投信会社も相次いで発注を見合わせた。
また、朝日生命保険も一時停止を決定したほか、別の大手生保も「
事態の推移を見極めて判断する」と、発注停止を示唆する。
Yahoo!ニュース





他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 17:27| ニュース