2008年04月28日

投げ込む消火器「消火弾」

火元にポイ!!「消火弾」 ヱビス科学研究所

これはもしもの時のために持っておいた方がいいかもしれません。
消化器と比べても、かなり優秀で、中身の消火剤は100倍に薄め
ると肥料になる人畜無害なもので、バスタオルなどの布にくるんで
踏みつぶすと、火災時に避難用の布として使えるようです。また、
火に囲まれてしまった時にも、避難する方向に投げつけることで避
難路を確保することができるとのこと。とっさの時はつい慌ててし
まいがちですが、これなら火元に投げつけるだけで簡単に消火でき
ますので、いざという時に使い方がわからずに戸惑うというような
こともないですね。さらに、消火器による消火では、消火後に温度
が上昇すると再び燃え上がってしまうことがありますが、この消火
弾は消火後急速に冷却しますので、再び火事が起こることはないよ
うです。これだけ優秀な消化弾、いったいいくらするんだろう?と
思って調べてみました。消化器が3,000円程度なのに対し、税込み
7,140円と少しお高いです。しかし、保証期間は6年ですが、容器を
破損しない限り20年以上効力に変わりがないことが実証されていま
す。また、面倒な点検や取替作業なども不要ですので、消火器は5
年程度で薬剤を交換しなければいけないことを考えると、経済的で
すね。各家庭が消火弾を持って駆けつけるようになれば、消防車が
来る前に被害を最小限に食い止めることが可能ということですし、
万が一のために備えておいてもよいかもしれません。
ヱビス科学研究所が開発した消火弾は「プロントケール」という名
称で、こちらのヱビス科学研究所のページから購入することができ
ます。

【動画で確認する】


 プロントケール実験1


 プロントケール実験2


 プロントケール実験3


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヱビス科学研究所(東京都江戸川区)が開発したボトル式の消火用
具「消火弾」が、使い勝手の良い防災用具として注目を集めている。
火元めがけてボトルを投げると容器が破裂し、化学反応で火を消す
仕組み。子供から高齢者まで簡単に扱えるため、従来の消火器と併
用する家庭も増えているという。 ボトルは800cc入りで、割
れやすい特殊なプラスチックでできている。同社によると、茨城県
つくば工場で行った実験で、戸建て住宅の4畳半から6畳の部屋に
相当する初期消火を、小学校2年生の女子児童が消火弾1本で成功
させた。
Yahoo!ニュース

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 23:59| ニュース