2008年05月23日

インドネシア看護師受け入れ説明会に病院殺到

日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)に基づき、7月下旬
から8月初旬にかけ、インドネシア人看護師200人と介護士30
0人が来日することが決まりました。今回の受け入れの背景には、
深刻な人手不足があり、定員を大幅に上回る参加者が集まったこと
からも関心の高さが分かりますが、受け入れ態勢は十分なのでしょ
うか?受け入れるのは2年間で1000人。報酬は、「日本人と同
等の報酬」を雇用条件としています。また、第1陣は8月上旬まで
に来日し、半年間、日本語研修などを受ける。その後、看護師は3
年、介護福祉士は4年以内に、働きながら日本の国家資格取得を目
指し、合格できなければ帰国するとのこと。質疑応答では「半年の
語学研修だけで、国家試験の教材も読めるとは思えない」などと担
当者に厳しい質問を投げかける場面もありましたが当然の疑問だと
思います。大阪市浪速区と西成区でデイケアセンターなどを経営す
る良元晃栄さん(62)は「看護師がどうしても不足しており、受
け入れを検討している。給与など条件面での説明が不透明だ。賃金
は能力に応じて決めるべきではないか」と話しています。日本で生
活するうえでの最低限の給与を確保することはもちろん重要ですが、
「日本人と同等の報酬」とすることには疑問を抱かずにはいれませ
ん。今の深刻な医療不足の背景には医療訴訟のリスクの高さが原因
のひとつであると言われています。言葉や文化が違う国の方が日本
の医療現場で働くことはとても大変なことだと思います。受け入れ
る病院側もそういったことを想定して文化や習慣を教えることがで
きるのでしょうか?同事業団の西山哲治事務局長は冒頭、「今月1
6日に国会で承認されたばかりで、時間が差し迫った状況で進んで
いる。十分な準備期間が確保できず、大変な不便をおかけするが、
ご理解いただきたい」と参加者に求めたようですが、十分な準備期
間がないまま進んでいることに不安を感じます。少子高齢化、医師
不足が叫ばれる中、人材を海外に求めるのは仕方ない事かもしれま
せん。しかし、それには十分な準備が必要だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インドネシア人の看護師と介護士の受け入れが正式に決まったこと
を受け、日本側の仲介機関「国際厚生事業団」が23日、病院や介
護施設を対象にした説明会を大阪市内のホテルで開いた。会場には、
定員の170人を大幅に上回る約230人が参加し、関心の高さを
うかがわせた。一方、受け入れる病院や施設の応募締め切りが来月
1日とあって、情報提供の不足に不満を訴える声も聞かれた。
Yahoo!ニュース
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 18:48| ニュース