2008年05月27日

<拉致被害者>「数人生存、帰国の用意」北朝鮮、米に伝達

日本人拉致事件なのに、なぜ米国に伝えるのでしょうね。伝えるべ
き相手は日本ではないのでしょうか?6カ国協議の米首席代表、ヒ
ル国務次官補は27日から北京を訪問し、北朝鮮首席代表の金桂冠
(キムゲグァン)外務次官と会談する予定で、核計画の申告のほか、
日本人拉致問題や平壌に滞在中の「よど号」乗っ取り事件メンバー
の扱いも取り上げられる見通しです。政府認定の拉致被害者は現在、
横田めぐみさんら17人。このうち5人とその家族は帰国・来日し
ました。この5人の帰国で北朝鮮は「拉致問題は解決済み」「生存
者は既にすべて帰国した」と主張していたところからみると進展は
しましたが、拉致被害者が帰国するという当たり前のことがテロ支
援国家指定解除という政治的交渉の手段として利用されることに憤
りを感じます。特定失踪(しっそう)者問題調査会は、拉致の疑い
を排除できない行方不明者として約470人を登録。行方不明時の
状況から、このうち36人を特に「拉致濃厚」だとしています。今
回北朝鮮が指す数人が帰国できたとしてもまだまだ拉致問題は解決
には至りません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北朝鮮が日本人拉致事件に絡み、被害者とみられる日本人について
「まだ数人が国内におり、帰国させる用意がある」と米国に伝えて
いたことが27日、政府関係者の話で分かった。北朝鮮が指す人物
は安否不明の政府認定被害者12人とは別とみられる。「被害者の
帰還」というカードを切ることで拉致問題の「進展」を印象付け、
米国によるテロ支援国家指定解除を後押しする目的があるとみられ
る。
Yahoo!ニュース
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 17:21| ニュース