2008年05月30日

小5授業で自殺方法を紹介「睡眠薬や練炭も」…福岡・篠栗

最近、教師としての資質を疑ってしまうような言動をする方が増え
ていますね。この教師は児童から『こわい話をしてくれないか』と
言われたことから国語の授業の冒頭で「自殺には身を投げたり、睡
眠薬や練炭を使う方法がある」などと話していたようです。29日
に保護者から県教委に「先生が授業で自殺の方法を話し、子供がシ
ョックを受けている」と指摘があり発覚したようです。この教師は
命は大切で、自殺をせずに力強く生きてほしいと伝えるつもりだっ
たが、力不足で不適切な発言をしてしまった」と反省しているとの
こと。ただでさえ、インターネット上に自殺方法が詳しく書き込ま
れ、自殺を誘発するようなサイトが問題となっています。この教師
が本当に自殺という問題を通じて命の大切さを説こうとしていたの
であれば、もう少し慎重になるべきだったと思います。もしかする
と、この教師は今回は少し軽率だっただけで子供の要望に応えてあ
げようとする良い教師だったのかもしれません。町教委と同小は当
面、この教師に担任を続けさせるとのことですので、今後は感受性
豊かな子供の気持ちに十分配慮したうえで、授業を進めてほしいと
思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福岡県篠栗(ささぐり)町の北勢門(きたせと)小(岩崎陽一校長、7
08人)で、5年の担任男性講師(37)が28日の授業中、児童
に対し、自殺する方法を具体的に紹介していたことが分かった。同
小は29日、緊急の学級保護者会を開いて謝罪した。30日の授業
は別の教諭が代行することにした。
Yahoo!ニュース
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 17:14| ニュース