2007年11月26日

「東京ムツゴロウ王国」閉園

「東京ムツゴロウ王国」閉園 2000人最後のお別れ

入場者数の伸び悩みから、25日いっぱいで閉園し、北海道への
移転が決まっている東京都あきる野市の「東京ムツゴロウ動物王国」が
25日、最終日を迎え、国王を務める作家の畑正憲さん(72)が
あいさつした。 
最終日ということもあり、この日は例年の10倍以上となる
約2000人が“入国”。「大感謝祭」と銘打ってバンド演奏が行われ、
畑さんもマイクを握り「ワゥー」と何度も犬の鳴きまね。犬たちも
「ワンワン」と呼応すると、観客は大喜びし、中には涙を流す女性もいた。
【livedoorニュース】




ムツゴロウ王国と動物園ってどこが違うんでしょうかね?
私は実物を見たことがないから何とも言えないけど、動物園なら
北海道の旭山動物園が閉園の危機から一気に日本一の動物園に
なった話は有名ですよね。このように普通の動物園では経営が
難しいからムツゴロウさんがプロデュースする動物園を作った
のではなかったのかな?
ムツゴロウ王国は、東京サマーランドの敷地内にあるから集客
も普通の動物園よりは楽だったはずだし…
やっぱり子供を連れて遊びに出向く場所が変わってしまったん
でしょうね。それが閉園に追い込まれた一番の原因なのかも。

ちなみに王国の今後ですが、北海道の元祖王国と合併するみた
いですね。事実上倒産して国王だったムツゴロウさんも負担が
大きかったんじゃないかと思うけど、動物愛護の精神は変わら
ず、全ての動物を北海道まで持ち帰るところがムツゴロウさん
らいいですね。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 18:59| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。