2007年11月28日

とうとう、マクドナルドまでが日時改ざん!!

とうとう、マクドナルドまでが日時改ざん!!

日本マクドナルドの東京都内の4店舗が、当日に売れ残ったサラダを、
翌日に調理したというシールを貼り販売していたのに加え、賞味
期限切れとなったシェイクミックスを「マックシェイク」や、
ヨーグルトを商品として販売していた疑いがあることが2007年11月
27日にわかった。
4店舗はいずれもFC(フランチャイズ)。FC店舗はマクドナルド本体の
管理が徹底していないため、起こったのではないか、という見方が
浮上している。

日本マクドナルドによると、調理日時改ざんや、賞味期限切れの
シェイクミックスを使っていたとされるのは早稲田店、大塚駅前店、
新大塚店、本郷三丁目店の4店舗。マクドナルドは今回の「事件」を
受け、この4店舗を直営で運営する事を決めた。
【livedoorニュース】




直営店舗では、例えばサラダの場合、真空パックで野菜が店舗に届き、
それをカップに盛り、店頭に出す段階で調理日時のラベルが貼られる。
製造日に売れ残ったサラダは全て破毀することが徹底されているだけ
でなく、監視員が巡回に来てはチェックしていくので改ざんや賞味
期限切れ製品を使う事は、起こりえないと元従業員が語っている
そうです。
また、日本マクドナルドの原田泳幸会長兼社長は、27日の記者会見で、
「厳しい安全基準がブランド資産だったのに、誠に残念だ」と話され
ましたが、私のイメージでも、牛肉問題が取り沙汰されたこともあり、
マクドナルドは他の食品会社よりも製品の安全性のアピールに力を
入れていたイメージがあります。
そのため、食品偽装事件が相次ぐ中、マクドナルドの名前が挙がった
ことには、本当に残念です。
さらに、このニュースを見てから、マクドナルドに関する問題をチェック
していたところ、昨年出されたパンフレットによると、ハンバーガー、
ダブルバーガー、てりやきマックバーガーには 乳製品が使われて
いません。と記載されているのに対し、現在の会社ホームページには、
マクドナルドの全てのハンバーガーには乳製品が使われていると載せ
られているにも関わらず、アレルゲン情報が訂正された旨の告知も
なく、それどころか、まだ過去の間違った情報が記載されている
パンフレットを店頭においている店があるとしているページを発見
しました。
食物アレルギーを持つ方にとっては重大な問題なのですから、
こうしたことも、早急に改善していただきたいと思います。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 12:52| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。