2007年11月28日

レクサス『LS600h』大型高級省エネ住宅のよう

レクサス『LS600h』大型高級省エネ住宅のよう

バージョンS・Iパッケージ(1110万円)を約300km走らせて、満タン
法で記録した燃費は8km/リットルだった。オンボードコンピュータの
表示も8km/リットル台前半。ビミョーである。

ビッグV8を積み、車重も『LS600h』と同クラスの『レンジローバー』級
大型SUVの実用燃費が5km/リットル前後であることを考えると、瞠目
すべきかもしれないが、もっとも身近なライバル、レクサス『LS460』は、
以前の試乗で7km/リットル台を記録している。

LS460は600hほど速くはないが、すべての点で、そんなに違うわけ
ではない。燃料代で“ハイブリッド代”の元を取るのは、おそらく
不可能だろう。なんて考え方はしちゃいけないんでしょうね。

クルマに湯水の如くお金を使うミリオネアでも、好燃費、つまり
CO2削減に気を使っているとアピールできる時代が来た。ま、大型
高級省エネ住宅みたいなものか。

悪路で床がフルフルするような、サスペンションの制振の甘さは、
LS460とも共通の弱点。
【livedoorニュース】




「クルマに湯水の如くお金を使うミリオネアでも、好燃費、つまり
CO2削減に気を使っているとアピールできる時代が来た。」と
ありますが、確かに、大型SUV車に比べると、レクサス『LS600h』
は高燃費ですが、本当に環境を意識するのであれば、トヨタの
ハイブリッドカー「プリウス」に乗るべきだと思います。
「ハリウッドスターはなぜプリウスに乗るのか―知られざるトヨタの
世界戦略」という本があります。
また、アカデミー賞では、ここ数年、レオナルド・ディカプリオ
などのハリウッドスターが「プリウス」からレッドカーペットに
降り立つのが恒例となっています。
世界のセレブの間では、ハイブリッドカーで自らの環境意識を
アピールするのが旬なのだそうです。
「レクサス」と「プリウス」の燃費を比べてみました。
上記のとおり、「レクサスLS600h」バージョンS・Iパッケージ
の燃費は8km/Lなのに対し、「プリウス」S スタンダード
パッケージは35.5km/Lなんです。
また、同じトヨタのハイブリッドカーとしても知られる「エスティマ」
ハイブリッド Xは20km/Lです。
大型SUV車に比べると燃費がいいと言っても、やっぱり「レクサス」は
お金持ちが乗る車なんです。
環境意識の高いお金持ちのみなさんは、ぜひ、セレブのように
“本当の”ハイブリッドカーに乗ってくださいね。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 22:56| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。