2007年11月29日

日本の防衛省疑惑、第2のロッキード事件に発展か…

日本の防衛省疑惑、第2のロッキード事件に発展か…

東京地検特捜部は28日、防衛省への納品過程で業者からゴルフ接待や
現金を受け取った収賄容疑で守屋武昌前防衛省事務次官(63)と
その妻を逮捕した。
防衛省で4年以上事務次官として在任し、絶対的な権力を誇った守屋
前次官の逮捕により、事件の捜査が政界に飛び火するのではないかと
関心が集まっている。

また、守屋前次官が業者から接待を受けた席に久間章生前防衛相と
額賀福志郎財務大臣(元防衛庁長官)も同席していた疑いもあり、
野党が多数を占める参議院で証人喚問の要求を決議するなど、問題が
政界へと波及している。
【livedoorニュース】

クリック→ 一攫千金☆ベガス懸賞


そんな中、参院財政金融委員会は29日午前、理事懇談会を開き、
12月3日に予定している額賀財務相と前防衛次官の守屋武昌容疑者の
証人喚問の扱いについて協議し、与党側は、証人喚問を取りやめる
よう求めたが、民主党はこれを拒否しました。
防衛省関係者によると、守屋前次官は10年以上前から毎日、日記を
つける習慣があった。勤務時間中の来客だけでなく、業者や政治家ら
との会合の内容なども細かく記録していたといいます。
守屋前次官は、10月29日と今月15日の衆参両議院における証人
喚問を前に、あらかじめ過去の日記を読み直して確認したうえで、
額賀財務相と久間章生衆院議員が「山田洋行」元専務の宮崎元伸容疑者
との宴席に同席していたことなどを証言したものとされています。
その一方で、額賀財務相は「日程、(旧防衛庁)長官車の運行表を
丹念に調べた結果、同席した記録も記憶もない」と発言しています。
どちらにせよ、この問題ははっきりしていただきたいのですが、
額賀氏と守屋容疑者の証人喚問は、野党単独で27日に議決しました。
全会一致が原則の証人喚問の議決を多数決で決めた民主党ですが、
民主党がここまで躍起になるのも、党のためという感じがします。
証人喚問で、白黒はっきりするのでしょうか。
国会が止まったままになるというのも気になりますし、ここは検察
に任せてみては?とも思いますが、どうでしょうか。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 22:04| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。