2007年12月20日

生ゴミ、生米くらって餓死免れた!鬼母に遺棄された5歳の「地獄絵」

生ゴミ、生米くらって餓死免れた!鬼母に遺棄された5歳の「地獄絵」

幼い長男(5)と三男(当時1)を自宅に1か月以上置き去りにし、
三男を死亡させて死体を遺棄したとして、母親に懲役15年の判決が
下された。生き延びた長男は生の米や生ゴミ、冷蔵庫にあったマヨ
ネーズで飢えを凌いでいた。2人とも「死んでいる」と思って自宅
に帰った母親に、長男はそれでも、「ママ遅いよ」と駆け寄った。
【livedoorニュース】

麻美のメルマガが誕生! ⇒クリック!!

旅行・レジャーに、給料日前の強い味方!価格.comカードローン比較


あれだけの事をしておきながら、判決はたったの15年なのかと憤り
を感じました。この事件、長男の言葉に涙し、幼い2人の子供を餓
死させようとした山崎被告に強い憤りを感じた方も多いのではない
でしょうか?

山崎被告は、幼い2人の子供を疎ましく思い、餓死させる目的で、
1ヵ月以上も家に帰らずに放置していたとされています。その間、
交際相手の家で過ごし、自身の日記のサイトに病院で、新生児を見
た時の気持ちとして「カワイイ天使だった」と綴っているのです。
その時に自分の子供の姿が脳裏をよぎらなかったのでしょうか?
また、1ヵ月以上後に自宅に帰ったのも、様子が気になったからで
はなく、三男の遺体が暖房で腐乱化が進み、近所に悪臭が漏れてい
たため、近所から異臭がするなどの苦情が寄せられ、家の明け渡し
を迫られていたために帰ったというのです。

そんなひどい母親に対し、5歳の長男は、母親のことを少しも疑わず、
死んでしまって口の中に蛆虫が湧いている状態の三男に添い寝し、
生の米や生ゴミ、冷蔵庫にあったマヨネーズで飢えを凌いでひたす
ら母の帰りを待ちわびていたのです。
こんなにも純真無垢な子供に対して、何の感情も持たない母親は、
もはや人間とは呼べないと思います。

これから塀の中で過ごす15年間、長男があなたに放置されていた間
に口にしたものと同じ食事をして過ごしてくださいと言いたいです。

しかも、この母親は、第4子を身ごもっていると報じられています。
育てられないのに、どうして子供をつくるのでしょうか?もう、こ
れから先、子供を育てる資格なんてないと思います。
世の中には、子供が欲しくてもできない方もいらっしゃるというの
に、与えられた命を何とも思わないのですから…。

さらに、この母親は、次男もうどんを喉に詰まらせて、窒息死させ
ているのです。この次男の死亡原因が果たして事故なのかどうかは
定かではありませんが、事故だったとすれば、この時点で、育児に
対する姿勢を反省すべきだったのではないでしょうか?

今、若い世代にネグレクト(育児放棄)が多いとされていますが、
これは、世代に問題があるのでしょうか?
親としての責任が果たせないと思うのだったら、しっかりと避妊を
してほしいと思います。
また、世代に問題があるのであれば、出産を向かえる母親には、親
になるための教育を義務づけなければいけないと思います。

他のニュースブログ




posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 14:10| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。