2007年12月20日

[テレ朝]フグの肝臓使った料理紹介番組で行政指導

[テレ朝]フグの肝臓使った料理紹介番組で行政指導 厚労省

フグの肝臓を使った料理を紹介したテレビ朝日の情報番組「いきな
り!黄金伝説。」(13日放送)について厚生労働省は19日、食
品安全上問題が大きいとして、被害防止に適切な措置を講じるよう
行政指導するとともに、再発防止策を報告するよう求めた。 

同省によると番組ではお笑い芸人がキンフグ(シロサバフグ)の肝
を使った釜めしを調理し、ホームページでも調理法を紹介。厚労省
は「調理行為をまねた場合、死亡事故にもつながりかねず、極めて
遺憾」と指摘した。
【livedoorニュース】

麻美のメルマガが誕生! ⇒クリック!!

旅行・レジャーに、給料日前の強い味方!価格.comカードローン比較


先日、ふぐ肝の毒に関する記事を取り扱いましたが、またふぐ肝に
関する記事が出ました。

このシロサバフグは毒が無いとされていますが、クロサバフグには
毒があるんです。
ですので、素人が見分けたつもりでも、万が一ということもありま
すので、自分でフグの種類を判別することはおろか、調理もしない
でくださいね!

17日のブログにフグ肝について、詳しく書きましたので、参考まで
にご覧ください。
http://press-news.sblo.jp/article/8458298.html

また、「いきなり!黄金伝説。」のホームページに謝罪文が載せら
れました。
謝罪文は以下のとおりです。

<<番組内容に関する説明とお詫び>>

12月13日(木)に放送された「いきなり!黄金伝説。」番組内
で毒の無いフグとして、宮崎県で獲れた「金フグ」の肝を使った釜
めしの調理を紹介しました。フグの鑑別、調理に関してはフグ処理
師(専門家)の指導・監督のもと行われましたが、本来フグの肝臓、
卵巣、胃、腸その他の毒性がある部分は厚生労働省からの指導・通
知により、フグの種類にかかわらず全面的に食用禁止とされていま
す。金フグの肝を食用可とした放送内容をお詫びします。フグによ
る食中毒事故は現在も後を絶ちません。
フグの調理は鑑別・取り扱いが可能なフグ処理師(地域により、そ
の指導・監督のもと)にのみ許されている行為であり、自ら獲った
フグを調理・喫食することは決してないよう十分ご注意ください。


ただ、「いきなり!黄金伝説。」は人気番組であるため、それなり
の影響力があると思われます。
このように、ニュースで扱われたり、番組ホームページに謝罪文が
載せられたとしても、それを知ることのないままになる方々もいる
と思います。芸人がキンフグの肝を調理し、番組ホームページでも
レシピを公開するなどして、素人によるキンフグ調理を助長するよ
うな内容を放送してしまったことは、とても残念ですね。

他のニュースブログ



posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 14:13| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。