2007年12月26日

タミフル、10代の使用制限継続 影響なお不明 厚労省

タミフル、10代の使用制限継続 影響なお不明 厚労省

インフルエンザ治療薬タミフルをめぐり、厚生労働省は25日、1
0代への使用を制限している措置を続けることを決めた。昨季の患
者1万人を対象に、服用と飛び降りなどとの因果関係を調べていた

同省研究班(班長、広田良夫・大阪市立大学教授)は、「タミフル
を飲んでも異常行動全般のリスクは高まらない」とする分析を発表
しながらも、「まだ結論は変わる可能性がある」として、措置解除
には踏み込まなかった。
【gooニュース】

眠っていた脳がグングン動き出す

麻美のメルマガが誕生! ⇒クリック!!

06〜07年の18歳未満の患者約1万例で、タミフルを服用して
いたのは7181例。うち、「大声で叫ぶ」「理由もなく笑う」な
どの異常行動を起こしたのは10%の700例。一方、服用しなか
った2477例のうち、同様の異常行動をしたのは22%の546
人だったとされています。この数値をもとにリスクを計算すると、
タミフルを飲んだ人の方が、飲まない人よりも異常行動のリスクが
大幅に低かったという結論になります。しかし、対象を10歳以上
に限り、飛び降りなど死亡事故につながりかねない異常行動に絞っ
て比較すると、飲んだ場合と飲まない場合のリスクの差ははっきり
しなかったようです。そのため、「まだ結論は変わる可能性がある」
として、措置解除には踏み込まなかったとされていますが、10代
の子供への服用については、保護者の判断に任せてはどうでしょう
か?
というのも、私も今までに2回インフルエンザにかかったことがある
のですが、そのうちの最初の1回が重度のインフルエンザで、40度
以上の熱が続き、うなされ続けました。私は普段から熱に強い方で
したし、病気もあまりしなかったので、40度の熱が出ても風邪をひ
いたぐらいにしか思わず、インフルエンザなんて自分がかかると思
ってもいなかったので、熱が40度に達してからも丸一日放っておい
たのです。そのため、病院に行った時には、もうかなりの量の菌が
あると言われたのですが、タミフルを処方してもらったおかげで、
劇的に回復しました。そのため、私は今インフルエンザにかかり、
希望すればタミフルを処方してもらうことができるのなら、タミフ
ルの処方を希望します。
しかし、タミフル服用の異常行動との関連性が分からないため、1
0代の子供への服用については、保護者が責任を持って、監視でき、
異常行動を起こしたとしても抑えることができると思うのであれば、
処方を希望すればいいと思いますし、何らかの理由で十分に監視で
きないと思うならば、処方を断ればいいと思います。

また、小児は、高熱を出した際に、幻視、幻覚を見て、異常行動を
する場合があります。例えば、壁に実際は存在しない、アニメのキ
ャラクターが見えると言って笑ったり意味不明の言葉を喋ったり、
理由もなく怯えたりすることがあります。その一方で、それがイン
フルエンザ脳症の初期症状であることもあります。ですので、その
異常行動がタミフルによるものかどうかは分かりません。

いずれにせよ、10代というのは、高校受験・大学受験を控えた大
切な時期ですから、まもなくやってくるインフルエンザの流行シー
ズンまでには、何か打開策があればいいのですが…。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 22:44| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。