2007年12月27日

[自転車運転]携帯電話の通話ダメ 警察庁懇談会が提言

[自転車運転]携帯電話の通話ダメ 警察庁懇談会が提言

自転車の安全運転のあり方を検討する警察庁の有識者懇談会は27
日、自転車の利用者に対し、携帯電話で通話しながらの運転を禁じ
たり、幼児を乗せる場合は1人だけとすることなどを求める報告書
をまとめた。同庁は報告内容を歩行者、運転者の守るべきルールな
どを説明した「交通の方法に関する教則」に取り入れて、教則を2
9年ぶりに抜本改正し、警察が行う安全教室などで役立てる。
【livedoorニュース】

眠っていた脳がグングン動き出す

麻美のメルマガが誕生! ⇒クリック!!

自転車に乗っていて、特に罰せられることもないためか、無茶苦茶
な運転をされる方は結構いますよね。さらに、誰もが気軽に乗れる
という事から幅広い世代の方が自転車に乗りますが、車のように免
許を必要としないため、そのマナーはあまり守られていない気がし
ます。かくいう私も小・中学生の頃に友達と自転車の二人乗りをし
ていました。その場合、パトカーからマイクで「そこの二人乗りの
自転車、降りなさい」と注意されるだけか、もしくはついでに乗っ
ている自転車が盗難届けが出ているものでないかの照会をされます。
しかし、盗難自転車でない限り、そのまま注意を受けて終わりです
ので、警察官が見えなくなると、また二人乗りをしていました…。
このような方は、けっこういるのではないでしょうか?
今回の報告書では、報告書では、安全走行のため、携帯電話を通話
・操作しながらの運転、ヘッドフォンを使って外部の音が聞こえな
い状況での運転などをしないよう求めました。また、幼児用の座席
を使う場合は1人のみとし、前かご部分と荷台部分の両方に幼児を
乗せるのは危険だとしたほか、歩道上で自転車同士が対面してすれ
違う場合には互いにハンドルを左に切ってよけるようにすべきなど
細かいルールも言及しています。
しかし、やはりこれは教則ですので、あくまでも警察が安全教育の
ために活用する指針で、罰則規定はないんですよね。そのため、教
則が29年ぶりに改正されたからと言って、果たしてそれで変わる
のかは疑問です。
自転車利用に関するルールで、自転車通行可ということを示す標識
がない場合は、自転車は歩道を通ってはいけないことになっている
ことをご存知でしょうか?これが一番守られていないルールだと思
いますし、知らない方も多いように思います。私もある時点まで知
りませんでした。警察の方も、あまりに数が多いから諦めているの
か歩道を走っている自転車に注意することもないですよね。このよ
うに、周知徹底されていないことも問題ですが、やはり一番の問題
は罰則だと思います。悲しいですが、罰則を設けないと、自転車の
マナーは改善されないと思います。また、自転車は車道を走らなけ
ればいけないということを徹底するのであれば、お年寄りが運転す
るふらふら走る自転車への対策も何か講じないといけませんし、な
かなか一筋縄ではいかないと思います。
また、車を運転するようになった今思うことは、車と自転車事故の
場合、たいていは自転車の方が交通弱者ということで、自動車の方
が悪くなる場合がほとんどです。しかし、自動車を運転しながら携
帯電話で通話していると、罰則が与えられるのに、通話しながら運
転している自転車と接触事故を起こした場合、100対0とはいかずと
も、車の過失の割合が多いとされることには素直に納得することが
できません。本当に事故を無くそうとするならば、同じ車道を走る
軽車両であるとして、自転車の運転手には免許はなくとも無灯火・
携帯電話での通話などの行為は罰金をとるなどして、取り締まるべ
きではないかと思います。

他のニュースブログ
posted by 麻美のこのニュースは要チェックだよ at 16:45| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。